土地持ちの農家


学校をつくる、浄水場を開発・整備するということで、土地持ちの農家には、億単位の金が転がり込んだ。税法上は本来、宅地転用とか農地転用は認められていない。しかし、公共機関が買収した場合は代替地は限定されないから、とにかく土地を求めればいいわけだ。しかし、公共買収の対象になれば、五億円、一〇億円と転がり込むものだから、近隣の土地の値段は一気に跳ね上がり、誰も手放さない。代替地はなんでもいいのだが、誰も売らない。かといって、金を握ったままでは税金がかかってしょうがない。

お金

「早く代替地を手に入れなければ」という焦りのなか、「北海道にいい土地があります」「那須の別荘地の値上がりは確実」という開発屋のささやきが耳元に聞こえてくる。北海道の物件といっても、箸にも棒にもかからないような土地である。当時は、こういう不動産業者が横行した時代である。これは、後のバブル時代、全国規模で一気に地価が高騰した際にも、同じ絵面が描かれたのは周知の通りである。こうした業界に風穴を開けたのが、リ〇ルート社発行の「住宅情報」である。業界ディスクロージャーの走りだ。

これでYは、不動産業界でもやっていける自信ができた。「住宅情報」ができて、おとり広告でお客をだますような不動産販売は姿を消しました。相場も価格も明示されていますから、一般消費者に情報が行き渡ったわけです。ちょうどそのころ、当時在籍していた会社がマンションの仲介セクションを設け、それを私が担当することになりました。実は、中古マンションの販売方法として業界ではじめてオープンルーム方式を考えたのは私なんですよ。公正に取引できる環境ができあがり、購入者が客観的に把握できる場の提供が必要と考えたわけです」経営哲学の兆しが見える話だ。


埼玉県の入間市はご存知でしょうか?入間市は埼玉県の西部に位置していて,人口約15万人の都市で,市内には入間川や彩の森入間公園など沢山の自然が残っています。近隣には狭山市や川越市,所沢などと隣接しています。新宿まで電車一本で向かうことができるのでベッドタウンとして近年人気が高いエリアなんです。
私も現在入間市で生活を送っているのですが新宿まで一本でいけるのは本当にうれしいです。急いでいる時は特急レッドアローがあるから、生活しやすいです。自然が多いのでのびのび子供を育てたいという子育て世代にかなり人気があって,現在も多くのマンションや一戸建てが入間市にはあります
また,アウトレットモールや海外の大型スーパーもあるため普段の買い物で不便な思いをしません。
そんな入間市の一戸建て情報についてご確認ください。

共働きの関係で駅に近い物件がいいと思い渋谷区で土地を探していました。
その結果保育園から中学校と近くにある代々木で土地を購入をすることにしました。
参宮橋駅徒歩10分ほどの距離に土地を購入しマイホームを建てたのですが,代々木公園も近いし,クリニック,ドラッグストアも近いので何かと安心です。
渋谷は意外と落ち着ける場所もあり,映画館も多いので,家族で映画館へ行く機会も多くなって,街を歩いていても多くの新しい発見があり楽しんです。
渋谷で不動産を探しているなら代々木が住みやすくてオススメですよ。

奈良県は豊かな自然と住みやすい生活環境が見事に調和していて,とても便利で快適な県となっています。
豊かな自然と歴史的建造物で揃っており,町全体は静かで落ち着いた雰囲気で漂っています。大阪に隣接していて,高速道路を利用することで大阪都心部まで40分圏内となっているので,お住まいは奈良県で職場は大阪という方が多くベッドタウンとしても大変人気があります。
そんな奈良県はベッドタウンとして再開発が進んでいて,駅周辺や住宅地には多くの商業施設やスーパーもあるため普段の生活で不便に感じることがありません。そんな奈良県で不動産物件をさがしませんか?
奈良県の不動産なら、今よりも満足した生活を送ることができますよ!