デフレ時代について


デフレ時代には、デフレ時代の経済学があり、経験則をそれに当てはめればいいのだ。ましてや、神風のごとくバブルのひと吹きを待つなどということは、愚の骨頂である。仮にそのような経営者がいたとしたら、貧すれば鈍す、先は見えたも同然だ。「いま、景気が悪いといわれていますが、私の認識では、時代が成熟したということであり、いつまでもバブルを引き合いにすること自体おかしい」(Y)のである。

ビル

そもそもバブル経済とはなんだったか。発端は「プラザ合意」とされている。案内のように一九八五年九月、ニューヨークのプラザホテルにアメリカ、イギリス、西ドイツ(当時)、フランス、日本の先進五力国の蔵相が集まり、「プラザ合意」に調印したのだ。
そのころ、アメリカは国力が弱まり、輸出が伸びず、貿易赤字が増えつづけていた。このままではアメリカ経済は駄目になるから、ドルの価値を下げることに協力してくれという話である。

当時は一ドル=二四〇円前後。ドルが安くなれば海外でアメリカ製品が売れて、外貨保有高が増え、当然、国内の経済も元気づくという構図だ。そこで、アメリカ経済が脆弱化すれば世界経済への影響も大きいと判断した四カ国は、これに同意した。そしてアメリカは、金利を下げた。ということは、アメリカの銀行に金を預けておいても利子が増えないから、この国にプールされていた資金が海外に流出する。
こうしてドル安が進行して、ポンドやマルク、フラン、円が高くなった。同じことが繰り返され、円高はとどまるところを知らず進み、日本は大打撃をこうむった。海外で日本製品が売れなくなり、わが国の輸出産業は頭打ち、今度は日本経済がおかしくなったのである。いうところの「円高不況」のはじまりだ。アメリカを助けたおかげで、日本経済の基軸が狂ってきた。

そこで政府は、景気対策のために金利を低くしたのである。金利をコントロールするのは日本銀行だが、日銀が公定歩合を下げたため、銀行の金利は一斉に低くなった。
つまり、金が借りやすくなったのである。しかし、多くの企業は、銀行から安く借りた金で工場を建てたり、新製品開発に取り組んだわけではなかった。土地や株にその資金が流れたのである。こうして土地が高騰していったのは、周知の通りだ。これがバブル経済の実体である。

家模型

さて、そこで日銀は、今度はバブル退治のため、公定歩合を高くすることで、日本全体の金利を上げた。さらに総量規制をかけ、土地を買うための金も貸し出さないようにした。
その結果、地価は下落し、土地で損をした者が、一斉に株を売って現金化しようとし、株も暴落した。こうしてバブル経済は崩壊したのである。昭和六十年から平成二年、わずか五年間の話である。「やってはいけないことをやったのです。それが総量規制でした。

政治家も含め、経営者もそうでしたが、何か判断しなければならないとき、″何もしない″というのも一つの判断なんですがね」Yはそう語る。しかし、いまの経済不況が、バブル経済崩壊の後遺症を引きずっていると考えるのは早計である。局面は、まったく別のものに変わっているのだ。正確に時代の変化・変遷を理解している人間は、もう二度とバブル経済など起きないと思っている。「十年で負債はすべて返済しました。いい勉強になりましたね」Yはいま、泱々と語る。


この季節,大学進学が決まって一人暮らしを始めようと考えている人も多いのではないでしょうか?千代田区には法政大学も立地していますし,これからの大学生活が楽しみではないでしょうか?
法政大学での生活を楽しみたいのならそこで重要になってくるのが賃貸選び。大学は楽しいし,街にも慣れてきたのに,帰る家が自分と合わなかったら安心して生活を送ることができませんよね。
千代田区だけでなく,八王子などの文教都市は,学生街となっており,賃貸物件も多いです。法政大学周辺にも学生向けの賃貸が多いです。
キャンパスライフを楽しみたいというのでしたら、ぜひ法政大学周辺で賃貸物件を見つけて下さい!

杉並区で引越しを考えているならぜひ,荻窪エリアの賃貸物件探しませんか?
荻窪エリアは落ち着いたエリアということもあり賃貸物件で生活するのにおススメの人気のエリアなんです!病院などもあるため,生活の利便性は高いエリアとなっているため満足いく生活を送ることができますよ!

都内で引越し先をどこにしようか悩み中の方はいますか?オススメは調布市になります。調布市は,自然豊かなエリアとなっていてハイキングコースもある家族で住むのにお勧めのエリアになります。
そんなレディアス調布国領で新しい生活を始めませんか?レディアス調布国領はオートロックなどのセキュリティ万全の物件となっているのでどなたでも満足した生活を送ることができます!