痛い経験が肥料になって


その後、三十一歳でYは独立する。不動産の仲介業務で、社名は株式会社セントラルプラザ。これ以降、バブル経済が崩壊するまで、社業は順風満帆だった。「業績は右肩上がりに推移していたんです。
それで、調子に乗って、建売住宅の販売にも手を広げてしまったんです」融資枠拡大のとき、とにかく銀行は金を貸したくてしょうがない。
どんな会社・企業にも日参して金を借りてくれといっていたころである。Yは新規事業に走った。そして平成二年末、いきなりバブルは弾けた。「経営能力のあるなしではありませんでした。誰もがこうむったアクシデントです。

お金

バブルというのは恣意的なものでしたからね。政策の話なんです。だから、皮肉を込めていわせてもらえば、現政権のほうが、何もしないだけましかもしれません」このように冷静に分析するYだが、当時はバブル崩壊の試練をなんとか乗り越えようと、ふたたび、元手のいらない不動産仲介業務で糊口をしのいでいた。
しかし銀行は、金を返してほしいと矢のような催促である。「当時、取引銀行の支店長が日参してきては、「金を返してくれ」というわけです。向こうは向こうで大変だったのでしょうが、こっちはトンネルの出口も見えない状態でした。事業計画すら立てられないんです。
最後には私も頭にきて、「あんた、バカか」といってしまったんです(笑)。あなたはあと二年も辛抱すれば定年退職して、この問題から逃げられる。しかし私は一生、この負債を背負っていかなければならない、と。お金は返さないのではなく、返せない。だから、もう少し待ってくれ。そういう話をしました」誰が悪いというわけではない。

家模型

みんなが一様にこうむったアクシデントだったのである。だからといって、経営者たるもの、負債を放り出して逃げ出すわけにはいかない。「後任の支店長がいい人で、こちらの状況を理解してもらい、少しずつ返していきました。そのおかげかどうかわかりませんが、この銀行とはいまでも取引があります」いい話である。サラリーマン支店長ならば、仮に問題が生じてもじっと我慢して定年退職を迎えれば、厳しい現実から逃げることができる。先送りの手である。

しかし、経営者というのはそうはいかない。見えないトンネルの出口を、手探りで探さなければならないのだ。それが責任というものだろう。どうかするといまだに世の中、景況好転の魔法の杖、打ち出の小槌を待ち望む期待論が見え隠れするが、そんなものはありはしないのである。時代をきちんと認識している者は、そのような愚かしい思考に無駄な時間は割かない。


やっぱり生活するなら,セキュリティが万全の物件で生活を送りたいですよね?そこでお勧めしますのが,ブリリアタワー川崎になります!
今私もこの物件で生活しているのですが,2重オートロック付きの物件でもあって,宅配ボックスも完備しているから,仕事で家にいないときでも,荷物の受け取りもかなりしやすいです。しかも,川崎駅からも近いため,だいたい徒歩5,6分で向かうことができるんです。川崎駅からは品川駅まで10分ほどでアクセスすることが可能なので,通勤面でも不便な思いをすることがありません。
ぜひ一度ブリリアタワー川崎の物件の詳細についてしらべてみませんか?

なんばまで10分程で向かうことができる今里エリアで賃貸マンションを探しませんか?今里エリアは,梅田までも30分程でアクセスすることが可能なので,通勤はもちろんですが,遊びにも困ることもありません。
交通面では優れているので,今里エリアの賃貸マンションは一人暮らしにオススメなんですよ!

東村山駅周辺で生活を送っているのですが,都心への通勤もまったく問題ないですし,東村山駅周辺にはスーパーなどの日常品の買い物で不自由な思いもしないですし,カフェや飲食店も近いため,小児科など医療施設も近く利便性の高い暮らしを送ることができます。
自然も感じることができるのでお子様の事を考えて東村山駅の賃貸物件に引っ越すにもオススメなんです。
東京都内で引越しを考えている方がいましたら、東村山の賃貸情報についてご確認ください。